株式投資・仕手株Wiki

投資の知識

新着情報

コンサルタント

証券

証券は、ある種の利益になる権利の事をいう。証券には有価証券と証拠証券の2種類が存在する。…

続きを読む

投資

kabusiki

投資とは、資産運用の方法である。資産拡大を目的として行われる。
状況に応じて価値を変化させるものに対して、将来的な価値の向上に期待して資産を投じること。主な対象には、不動産や株式などがある。

また、将来の成長が見込める人材に対して、積極的なバックアップを行うことを人材投資と呼ぶ場合がある。
総じて、将来的なリターンのために現在支払うリスク全般が定義づけられる。

利益

出資額に対して回収できる額が多ければ、その差額が出資者の利益となる。
一般的に、出資した額が多いほど回収できる金額も多くなる。

例えば、10円のものが将来的に100円になると予測した場合。
100円の出資を行うか、1000円の出資を行うかで、将来的に回収できる利益の見込みは異なる。

見込み通り、10円のものが100円になった場合。
100円の出資では、純利益は900円である。1000円の出資では、9000円の純利益が出る。

出資額が多くなればなるほど、将来的に得られる純利益は多くなる。しかし、そのためには多くの原資が必要であるし、またリスクも伴う。

損失

rieki

あらゆる投資にはリスクが存在すると考えられる。

投資には、将来性への期待が必要である。対象の現時点における価値は、出資に見合わない低いもの、少なくとも釣り合いの取れる程度である。これでは利益がでないため、出資を行う必要性がない。
将来的に、出資額以上のリターンが得られることを見越して行うのが投資である。しかし、推測が外れ、出資額が回収できないことも当然考えられる。

その場合、回収できなかった出資額の分だけ出資者は損失を負うことになる。
投資においては、出資額未満でしか回収することのできない状態を想定しなければならない。リスクヘッジの方法を用意し、損失が致命的にならないようにすることが重要である。

ホットトピック

henka

仕手株

仕手株とは、仕手筋によって意図的に操作された株式のことである…

カテゴリー